日本国内で使えるWiFiレンタルの最安値比較サイト【WiFiレンタルINFO】

コロナウイルスの感染拡大により学校も続々と休校となるなか、自宅にいながら授業が受けられるオンライン授業を実施する学校が増えています。
今回はオンライン授業を行ううえで役立つ「ポケットWi-Fi」の選び方とおすすめのポケットWi-Fiを紹介します。

オンライン授業でポケットWi-Fiが最適な理由

オンライン授業を実施するにも受講するにも必ず必要になるのが、インターネットを使える環境です。

普段はWi-Fiを利用せずデータ通信を利用してインターネットを使っている人もいるかもしれませんが、毎日のようにオンライン授業にデータ通信を使用していると通信量は一気に跳ね上がり早々にプランの上限に達してしまう恐れがあります。

フリーWi-Fiを使うには外出する必要があり、コロナウイルスの感染が拡大する状況下での使用は最適とは言えません。インターネット回線を引けばWi-Fiを使ってインターネットを利用できる環境が整い、通信料を気にせず快適にインターネットを利用できます。しかし、回線工事が必要となるため、契約してもすぐにインターネットを利用することはできません。今すぐ自宅でWi-Fiを使える環境を整えるなら、ポケットWi-Fiが最適です。

ポケットWi-Fiであれば工事の必要がないため、機器を受け取ればすぐにWi-Fiを利用してインターネットを使うことができます。
早ければ契約後即日にポケットWi-Fiを受け取ることができ、遅くても受け取りまでに数日程度しかからず、今すぐWi-Fiを利用したいという方にはポケットWi-Fiはぴったりです。容量無制限で利用できるプランもあり、容量を気にせず利用できるのも嬉しいポイントです。利用料金も回線を引くより安く、お得にWi-Fiが利用できます。

オンライン授業のために、すぐにインターネットが使える環境を整えたいという方にはポケットWi-Fiがおすすめです。

教育とネット環境は切り離せない時代に

ここ数年で、ネット環境はすさまじく進歩しました。
今では「オンライン授業」といったような、ネット環境を通じた教育が、当たり前のように存在しています。

そして2020年、新型コロナウイルスによって、直接の教育方法が取りづらい状況が生まれました。
よってネット環境を通じた教育の重要性は、急激に高まったわけです。

今後もその傾向は、維持されるでしょう。
新型コロナウイルスが収まる気配はなく(ウィズコロナ時代)、そしてネット環境も、5G回線をはじめさらなる進化を遂げつつあります。

また、政府が「GIGAスクール構想」というものを推進しているのも見逃せません。
簡単に言えばこれは、「学校教育において、インターネットを広く活用しよう」という構想です。

よって教育という場面においても、ネット環境の重要性、より高くなるはず。
もはや学びとインターネットは、切っても切れない時代に突入しているといっても、過言ではないでしょう。
ネット環境が整っていなければ、適切な教育が受けづらくなるかもしれません。
つまりネット環境の良し悪しで、教育の質が左右され始めている、というわけです。

いかにしてネット環境を整えるか?

となると、オンラインでの教育をよりよい形で受けるには、ネット環境の整備が必要です。
もしそう考えるのであれば、「ポケットWi-Fiのレンタル」がおすすめ。
ポケットWi-Fiをレンタルすれば、よい教育が受けられるようになるでしょう。

下記ではポケットWi-Fiを利用するうえで、チェックしておくべきポイントについて解説します。

データ通信容量は十分か?

まず、データの通信容量については、よく考える必要があります。
ポケットWi-Fiでは、契約によって、「1ヶ月でこれだけの通信をする」ということが定められます。

もし契約上のデータ通信容量を超過した場合は、「速度制限がかかってしまう」、という仕組みです。
このあたりはスマートフォンのLTE、4G回線における扱いと、ほとんど同じ。

もしデータ通信容量が不十分で、速度制限に入ると、オンライン授業などはそもそも重すぎて開けなくなります。
要するにその時点で、教育が受けられなくなるというわけです。

オンライン授業がまともに受けられない、といったケースを避けるためには、やはりデータ通信容量は十分に用意しておきたいところ。
少し余るくらいの容量があれば、安心して利用できるでしょう。

また「無制限プラン」で契約するというのも、よい方法です。
無制限プランであれば、通信容量の残量を心配する必要はなくなります。

通信速度

また、通信速度も重要です。
なぜなら通信速度がある程度確保できていないと、オンライン授業などをスピーディーに回せない可能性があるから。
たとえば、「ことあるごとに画面が止まる」、「音声が遅れて聞こえる」といったトラブルが考えられます。

通常のインターネットサーフィンであればさほど大きな問題ではないでしょう。
しかしことオンライン授業などでえあれば、かなり厄介な問題となります。

したがって通信速度に関しては、オンライン授業を十分受講レベルで確保する必要があると言えるでしょう。

バッテリーの容量

意外と見落としがちなのが、バッテリーの容量。
これも、ポケットWi-Fiをレンタルするうえで重要です。

この先オンライン授業が一般化してくると、「外出先でオンライン授業を受ける」といったケースも出てくるでしょう。
これは今までにはなかった、大きなメリットでもあります。

しかし外出するということは、バッテリー切れの問題が出てくるということ。
もしオンライン授業を受講している間にバッテリーが切れれば、当然大きな問題となります。
通常の使用であれば「ちょっとした不便」で済みますが、こと教育においては、重大なできごとであると言えるでしょう。

特に動画形式などで学ぶのであれば、バッテリーの消費は早くなります。
したがってバッテリーの容量も、十分に用意しておきたいところです。

ポケットWi-Fiをレンタルするなら、どれがおすすめ?

というようにポケットWi-Fiは、ネット環境を通じた教育の品質を保つうえで、たいへん役立ちます。
とはいえ、「どのポケットWi-Fiをレンタルすればいいか、わからない」という人も多いでしょう。
下記では、おすすめできるポケットWi-Fiについて、詳しく解説します。

E5383

E5383は、相当バランスの取れたポケットWi-Fi。
通信速度は、下り最大速度で300Mbpsも確保されており、これだけあれば通信が遅いということはまず起こりません。

また、バッテリーが長持ちするのもポイント。
フル充電すれば、13日以上はバッテリーが保たれます。

専用のアプリが出されているのもポイント。
スマートフォンから、E5383の使用状況などを、手軽に確認できます。

というようにネット環境をとおした教育において、うってつけとも言えるポケットWiFiです。

501HW

501HWも、おすすめできるポケットWi-Fi。
ポイントは、地デジチューナーとしても使えるというところ。
授業のちょっとした空き時間にも、テレビを視聴することが可能です。
オンライン授業のみならず、日常生活が楽しくなるというのは、地デジチューナーがついているからこそのメリット。

もちろん、教育においても使用に耐えうるだけの性能を備えています。
バッテリーは10時間連続で駆動するので、特別問題になることはないでしょう。
通信速度も下り最大187.5Mbpsとなっており、オンライン授業を受けるうえでは、十分と言えます。

これからの教育システムと生活において、かなりフィットするはずです。

まとめ

インターネット技術の進歩、および新型コロナウイルス騒動などにより、ネット環境と学びは、切っても切れない存在になりました。
ネット環境を整備することが、教育の品質を担保するうえで重要になってくるでしょう。

ポケットWi-Fiをレンタルすれば、手軽に整ったネット環境が実現できます。
よりよい教育を受けさせたいと考えている人は、是非ポケットWi-Fiの利用を検討してみてください。

オンライン授業でポケットWi-Fiを選ぶ時のポイント

ポケットWi-Fiを選ぶ際に必ず確認しておきたい、4つのポイントを紹介します。
ポケットWi-Fiの契約を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

データ通信量

ポケットWi-Fiを選ぶうえで、データ通信量は非常に大事です。データ通信量の選択を間違えると快適にインターネットが利用できなくなってしまうので、データ通信量の選択は慎重に行いましょう。ポケットWi-Fiはプランによって、1カ月に利用できる通信量が異なります。自身のインターネットの利用頻度に合わせて、適切なプランを選択しましょう。
決められた通信量を超えてしまうと、速度制限がかかってしまいます。

インターネットがつながりづらくイライラした経験をお持ちの方も多いでしょうが、速度制限がかかるとこのインターネットにつながりにくい状態に陥ってしまうのです。翌月にならないと速度制限の解除は行われないため、月の始めに規定のデータ通信量に到達してしまうと約1ヵ月の間速度制限のかかった状態でしかインターネットが使えなくなってしまいます。

特に動画視聴は多くのデータ通信が必要となるので、オンライン授業でポケットWi-Fiを利用する際は多めのデータ通信量を選ぶと良いでしょう。

データ通信量を気にせず利用したいという方には、無制限プランがおすすめです。ただし、無制限プランであっても短期間に一定量以上の通信を行うと、速度制限がかかることがあります。
ポケットWi-Fiを利用し始めてから困ることがないように、プラン内容をしっかり確認したうえで契約を行いましょう。

速度

快適にインターネットを利用するには、通信速度も非常に大切です。通信速度が速いほうが情報の読み込みが早く、ストレスなくオンライン授業の受講や実施ができます。

反対に通信速度が遅いと、画面が固まるなどスムーズに配信や受信が行えない恐れがあります。
通信速度には上り速度と下り速度の2種類があります。上り速度はデータをアップロードするときの速度、下り速度はデータを受け取るときの速度を表します。ポケットWi-Fiの平均速度は約50Mbpsと言われており、一般的には50Mbpsもあれば動画の視聴も問題なく行えるようになっています。
ただし、通信環境によって回線の安定度が変わってくるということは、頭に入れておかなければいけません。

バッテリー容量

バッテリー容量もポケットWi-Fiを選ぶうえで大切なポイントです。ポケットWi-Fiの魅力の一つは、手軽に持ち運べてどこでも利用できる点にあります。しかし、バッテリー容量が少ないと、すぐに充電が切れてしまいポケットWi-Fiが使えなくなってしまいます。

自宅での利用をメインに考えている場合はすぐに充電できるのでそこまでバッテリー容量を気にする必要はありませんが、外出時に携帯してポケットWi-Fiを利用したいと考えている方はしっかりとバッテリー容量をチェックしておきましょう。

回線エリア

ポケットWi-Fiを選ぶうえで、必ず確認しなければいけないのが回線エリアです。ポケットWi-Fiはどこでも利用できるわけではなく、回線の通っているエリア内でしか使用することができません。

いくら通信量や通信速度、バッテリー容量が十分なポケットWi-Fiを見つけても、自宅が回線エリア外となっていては意味がありません。
自宅をはじめとしてポケットWi-Fiを利用したいと考えている場所が回線エリアに対応しているのか、しっかり確認しておきましょう。また、利用エリアにおける通信速度も併せて確認しておくことが大切です。

通信速度は対応エリア内で一律ではありません。エリアによってはWi-Fi利用には対応しているものの、最大速度のエリアに比べて通信速度は半分以下しかないこともあります。通信速度が速いポケットWi-Fiを選んでも、エリアによってはポケットWi-Fiの機能が最大限に生かしきれないこともあるのです。
回線の対応エリアを十分に確認し、利用するエリアで最大限のパフォーマンスを発揮してくれるポケットWi-Fiを選びましょう。

おすすめのポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiは種類が多く、どれを選べば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
高速通信に対応しバッテリー容量も十分な、おすすめのポケットWi-Fiを紹介します。ポケットWi-Fiを選ぶ際の参考にしてください。

E5383

E5383はコンパクトサイズながら、機能が非常に充実している優れもののポケットWi-Fiです。連続通信時間は13時間と半日以上も、充電なしで使えるのは大きな魅力です。バッテリー切れを気にせず使えるので、外出先でも安心して利用できます。

通信速度は下り下り最大300Mbps上り最大100Mbpsで、快適に動画の視聴やwebの閲覧が行えます。Wi-Fi接続では同時に10台まで機器を接続できるので、パソコンやスマホなどを一緒につないで利用できます。

幅95mm×縦58mm×厚さ16.4mmと本体は非常にコンパクトで、外出時に携帯する際も邪魔になりません。自宅で使用する際も場所を取らないのは嬉しいポイントです。

また、「HUAWEI HiLink」というアプリがリリースされており、E5383と連携することでスマートフォンでポケットWi-Fiの管理ができるようになります。アプリでは接続しているネットワークの種類や機器の接続台数、電波状況などを一目で確認できます。
また、データ通信量もわかるので、うっかり使いすぎてしまう心配もありません。アプリであればスマートフォンを使ったついでに確認ができるので、ポケットWi-Fiの操作が簡単に行いやすくなっています。

501HW

501HWはテレビの視聴も行える多機能なポケットWi-Fiです。501HWには地デジチューナーが搭載されており、スマホなどのデバイスと接続すればテレビを見ることができます。

なお、テレビを見るにはアプリのダウンロードが必要です。アプリは無料で取得可能でiOSにもAndroidにも対応しているので、機種を問わずにテレビ機能を使うことができます。普段使っているスマホやタブレットが、テレビに早変わりするのは501HWの大きな魅力です。通勤や通学など、ちょっとした時間の暇つぶしにもテレビ機能は最適です。

もちろんWi-Fiとしても非常に便利です。3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、約10時間の連続通信時間を実現しています。簡単にバッテリー切れにあうことはなく、外出時の使用にも困りません。
また、起動の速さも魅力の一つです。電源を入れてから画面が立ち上がるまでの時間は約5秒と非常にスピィーディーで、ストレスなしで操作を進めていけます。なお、通信速度は下り最大187.5Mbps上り最大37.5Mbpsとなっています。

303ZT

303ZTは最大14台まで機器を同時接続が可能となっており、一台で多様なデバイスを使うことができます。通信速度は下り最大112.5Mbps上り最大37.5Mbpsで安定した通信を実現する5GHz帯にも対応しており、高速かつ安定した通信が行えます。
画面はカラーディスプレイで非常に見やすく、タッチパネルで直感的な操作が行えます。連続使用時間は約9時間と長時間の利用が可能となっており、充電切れを気にせず快適にインターネットを使うことができます。

まとめ

コロナウイルスの感染拡大によりオンライン授業の実施が進む中、インターネット環境を整備に苦労している方も多いのではないでしょうか。

毎日のようにオンラインで授業の実施や受講を行うとなるとそれなりの通信量が必要となり、データ通信だけで対応するのは難しいでしょう。やはり、オンライン授業に最適なのはWi-Fiの使用です。

ポケットWi-Fiであれば工事も必要なく契約後すぐに利用開始が可能と、素早くインターネット環境を整えることができます。ポケットWi-Fiはレンタルすることも可能なので、コロナウイルスの感染が収まるまで一時的に利用したいという人にも最適です。
インターネット環境がなくて困っている方は、ポケットWi-Fiを活用してみてはいかがでしょうか。

国内WiFiレンタル会社を徹底比較

掲載企業募集中

お問い合わせ