日本国内で使えるWiFiレンタルの最安値比較サイト【WiFiレンタルINFO】

「ポケットWi-Fiの通信速度が、急に遅くなった」
「夜になると、通信速度が遅くなる」
「なぜこんなに遅くなるのか?」

といった声が、ときどき聞かれます。
通信速度が遅くなってしまうと、当然ながら不便で仕方ありません。
できるだけ、通信速度は正常な状態を保っておきたいころです。
本記事では、ポケットWi-Fiが遅い理由と、その対処法について解説します。

そもそも、ポケットWi-Fiが遅い理由って何?

ポケットWi-Fiが遅い理由は、さまざま考えられます。
主な理由としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

一時的に回線が混雑している

よくあるのが、「一時的に回線が混雑する」という理由です。
Wi-Fiは、多くの人が同時に接続していると、遅くなる仕組みになっています。
特に、

  • 平日の朝(通勤・通学ラッシュ)
  • 平日の夜(帰宅後)
  • 昼休みetc…

といったタイミングは、どうしても通信が遅くなりがちです。
また混雑しているカフェなどでも、ときどき通信が遅くなるケースはあります。
さらに、ひとつのポケットWi-Fiへ複数の端末を接続していると、当然ながら通信速度は遅くなる仕組みです。

サービスエリアから出てしまっている

また、現在地がサービスエリアから出てしまっているということもあるでしょう。
サービスエリアとは、つまりポケットWi-Fiが電波を拾える地域のことです。
サービスエリア外だと、電波が届かないか、あるいは届いたとしても微弱なものになります。

たいていのポケットWi-Fiは、山間部などをサービスエリアして想定していません。
このあたりでポケットWi-Fiを使うというのは、少々難しい部分があります。

速度制限がかけられている

続いて、速度制限がかけられている可能性も挙げられるでしょう。
当然、月々に定められたデータ通信量を使い切っていたら、速度制限がかかります。

また、短期間で多くのデータ通信量を使った場合にも、通信制限がかかることも。

たいていのポケットWi-Fiは、「3日間で○GBバイトを使った場合、一時的に通信制限をかける」という仕様になっています。
できるだけ、速度制限がかからないように注意しましょう。

別な電波が邪魔をしている

ポケットWi-Fiの通信が「別な電波によって邪魔されている」というのも、理由とした考えられます。
ポケットWi-Fiは、他のWi-Fiや電子レンジなどが使っている電波に近いと、通信速度を落とす性質があるのです。
人通りの多いところで「ポケットWi-Fiの通信が遅い」と感じたなら、別な電波の影響が疑われます。

ポケットWi-Fi本体の位置が悪い

さらに、「ポケットWi-Fi本体の位置が悪い」というケースもあります。
出先の場合、先ほど触れたエリア外のような場所にいることは、通信が遅くなる理由になるわけです。
また、エリア内でも入り組んだ建物の中にいたりすると、やはり電波は届きづらくなるでしょう。

自宅でポケットWi-Fiを使っている場合も、同様です。
自宅内に置かれているモノが障害物となり、電波とポケットWi-Fiの繋がりを邪魔したりします。

ポケットWi-Fiそのものの性能が低い

また、ポケットWi-Fiの性能がそもそも低いというパターンもあるでしょう。
特に何年も前のポケットWi-Fiだと、やはり通信速度は遅くなります。

ポケットWi-Fiは、買い換えなければ性能が上がりません。
一方でWEBサイトで表示されるコンテンツの容量は大きくなっています。
一言で言えば、「時代についていけていない」というわけです。
もし性能の限界を感じたら、買い換えることも検討しましょう。

ポケットWi-Fi自体の故障

単純に、ポケットWi-Fiが故障しているというケースもあります。
後ほど解説する対処法を試しても改善されない場合、故障である可能性が高いでしょう。
この場合、やはり素直に修理してもらうのがおすすめです。

ポケットWi-Fiが遅いときの対処法6選

ポケットWi-Fiが遅いと、不便なうえにたいへんなストレスです。
できれば一瞬で、通信速度を通常に戻したいところ。
下記では、ポケットWi-Fiが遅いときの対処法について解説します。

ポケットWi-Fiを再起動する

ポケットWi-Fiが遅いと感じたら、まずは本体を再起動しましょう。
再起動するだけで、たいていは通信速度が元に戻ります。

パソコンかスマートフォンを再起動する

ポケットWi-Fiを再起動してもダメなら、次はパソコンかスマートフォンを再起動してみましょう。
通信が遅い理由と原因は、ポケットWi-Fi側にあるとは限りません。
パソコンやスマートフォンを再起動するだけで、通信速度が改善されるケースは多々あります。

また、OSをアップデートすることでも改善するケースがあるようです。

余計なブラウザやアプリは閉じる

また、余計なブラウザやアプリは閉じておくようにしましょう。
なぜならアプリを開きすぎると、ポケットWi-Fiの通信速度に影響するからです。
気がつくと何十個ものアプリを開いていることもあるので、注意してください。

使っている周波数帯を変更する

また、周波数帯を変えるというのも有効です。
たいていのポケットWi-Fiは、「2.4GHz」か「5GHz」、どちらかの周波数帯を自由に切り替えられるようになっています。

普段使っているのは、「2.4GHz」の方です。

しかし「5GHz」へ切り替えれば、通信速度が改善することがあります。

位置を変える

可能であれば、ポケットWi-Fiの位置を変えましょう。
外出先なら、建物内や地下ではなく、外に出るのがおすすめ。
要するに電波が届く場所へ出ていこうというわけですね。

また、できるだけ人通りが少ない場所へ出向くのもよいでしょう。
他の電波が邪魔してくるのを避けられます。

ポケットWi-Fiを自宅で利用しているなら、ルーターの位置を変更します。
基本的には、玄関に近い場所や窓際へ移動させると、通信状況が改善するはずです。

また、自宅ならば「リフレクター」や「クレードル」といった補助装置を使う方法もあります。
さらには、「中継機」という装置で電波を巡りやすくするという手段も。

モード設定を変更する

ポケットWi-Fiの機種によっては、「高速通信モード」や「ハイパワー設定」など、「通常よりも通信速度を早めるモード」が搭載されています。

もしモードが搭載されているなら、変更してみましょう。特に「回線が一時的に混雑している」といった理由でポケットWi-Fiが遅いのであれば、たいへん有効な手段です。

ただし通信速度を速めるモードは、データ通信量もかさみやすくなります。
必要がないときは、通常の通信モードに戻しておくのがおすすめです。

まとめ

というようにポケットWi-Fiが遅くなる原因は、さまざま考えられます。
ただし、ポケットWi-Fiの通信速度が遅くても、たいていちょっとした操作をするだけで解決可能です。

とはいえ、「通信制限がかかっている」、「ポケットWi-Fi自体の性能が低い」という問題は、なかなか解決しづらいもの。
データ通信量の消費には、じゅうぶん注意する必要があるでしょう。
性能に不満がある場合は、ポケットWi-Fiを買い換えるのがおすすめです。

ポケットWi-Fiが遅いと感じたら、理由を確かめて、適切に対処しましょう。

国内WiFiレンタル会社を徹底比較

掲載企業募集中

お問い合わせ