中期利用におすすめのWiFi

帰省や出張などの移動先でもパソコンやタブレット端末を使いたい場合、
無料のWiFiスポットだけでなく、いつでも使えるWiFiがおすすめです。

国内向けのポケットWiFiは沢山ありますね。
どれを選べば良いか迷ってしまうかと思います。
どんなところに注意して選べば良いか調べてみました。



自分が使いたい場所で繋がるか確認

ポケットWiFiはそれぞれの通信会社の基地局から出ている電波をキャッチして通信を行います。
その為基地局が無く電波が飛んでこない場所では通信できません。
都市部ではどの通信会社も基地局を沢山立てていますが、山間部や地下街などでは繋がりにくい部分も多くあります。
自分が一番使いたい場所でつながらなければ全く意味がありません。

WiFiレンタル会社の公式ホームページを見ると、住所や地図などで電波をキャッチできるエリアか確認できます。
山の近くなど、ちょっと辺鄙な場所に行く場合は事前に調べておくことをおすすめします。
また、室内や地下などでメインに使いたいと考える場合注意が必要です。
高周波数のWiFiの場合、建物の壁などに電波が跳ね返りやすいのでつながりにくくなることがあります。
基地局が多ければあまり問題にならないのですが、そうでない場合は頻繁に途切れてしまう恐れがあります。

スマホと同じLTEなどの電波を利用する国内WiFiは建物など障害物が多い場所でも繋がりやすいといわれています。
ビルの中など繋がりにくいと思える場所で使いたい方は、気になる国内WiFiがどの周波数を利用するか調べましょう。

とにかく速さを重視したい場合

インターネットを使用すると、どうしてもちょっと遅いだけでかなり遅いように感じます。
ストレスなく利用するにはやはり、早い方がありがたいですよね。
どの回線が速いのでしょうか?

最近の国内WiFiはどれもとても早くなってきました。
比較サイトでそれぞれのWiFiの速度を見てみてもどれも早いと思います。
しかしそこに書かれているのは最大値になります。
なかなか最大値は出ないのが現実です。
大事なのは最大値ではなく実際に使っている時に利用できる速度です。

4G LTEを使用する国内WiFiは建物内でも早いという特徴があります。
屋外など障害物が少ない場所ではWIMAXがとても早いです。
都市部などではWIMAXもとても使い勝手がいいようです。
しかし、田舎やビルの中などでは4GLTEなどの方が安定しているという評価が多いです。

動画などを見たい場合

ポケットWiFiの場合、通信量無制限の物はWIMAXが有名です。
動画などを見たい人は無制限のWiFiを選ぶのが無難かと思います。
WIMAXは無制限で通信速度の制限もないので、使い倒したい方には最適なWiFiだと思います。

他にも無制限の物はありますが、無制限表記でも速度制限がかかったりする場合があります。
1~2週間程度のレンタル契約ならその日のうちに速度制限が解除される場合も多いと思います。
どのくらいで制限がかかるか、もしかかったらどれくらい速度が落ちるかは注意事項をしっかり読んでおきましょう。

ちなみに、Huluなどで30分以上のドラマを見た場合、1話につきおおよそ100MBはかかります。
YouTubeは画質によっては10分程度で100MBになってしまうので結構重たいといえますね。