WiFiの上り下りは気にすべき?


1泊2日など短期でレンタルを考える方にご覧になって頂きたいコンテンツがこちらです。

「上り下り」です。
それは何かという前になぜ上り下りを気にしなければならないのか!?
それは短期でポケットWiFiを選び使用する姿をご想像ください。
容量を気にせず、ポケットWiFiを使用してパソコン、タブレットを使用していませんか?

容量は短期の利用で速度制限になるほど使用することはありません。
そこで気にするべきは通信速度なのです。
そうです。通信速度で判断する際に重要なのが上り下りなのです。
よくレンタルWiFiの情報でも出てくる上りや下りはどういうことなのでしょうか?


レンタルWi-Fiの上りってなんだ?

上りの速度とはアップロードする速さのことです。

パソコンの資料作成やメールを送ったり、タブレットで録画した動画を上げたりするときの速度がこれにあたります。
ネットを介して情報をどこかに送ることを言います。
上りの数値が低い場合メール送信も遅くなり、送ろうとしたファイルが結局送信できない事態に陥ってしまいます。

近年ではネットの回線速度は非常に早くなってきましたよね。
自宅で光回線を使っている方は、上りの平均速度は30~60Mbpsというくらいの数値になります。
国内WiFiを短期間利用したいという方はちょっとした旅行や合宿、急な出張入院などの方が多いかと思います。
そういった方は自分から何か大きなデータを誰かに送ったり、ネットにアップしたりすることは少ないかと思います。
Twitterで写真を載せたりする程度なら上りの値は低くても問題なくできます。

暇つぶしにWiFiをレンタルしたいと思っているなら、下りの速度を重視すべきです。


レンタルWi-Fiの下りってなんだ?

下りとはダウンロードのことです。

ファイルをダウンロードしなくても、主にネットの閲覧や動画の視聴などによって下りを使用します。

その為、普段ネットを利用する際、下りの速度が非常に重要になります。

文字だけのサイトを見るならば1~10Mbps程度でも閲覧は可能です。
普通の画質の動画などを見るときは10~30Mbpsはあった方がいいです。
高画質な動画や、ゲームをするときは最低30Mbpsは必要でしょう。
60Mbpsあれば困ることは無いかと思います。

以上が上り下りについてのコンテンツです。
ポケットWiFiを1泊2日など短期利用する際に上り下りの知識をおさえておくことでより快適に利用することができるでしょう。