繋がりやすいWiFiとは?

短期間のレンタルを考えている方にお勧めの記事です。

レンタル料金さえ安ければという考え方だと痛い目に合うかも…

考えてみてください!
短期間でポケットWiFiをレンタルする時ってどんな時でしょうか?
大体が仕事で出張や出張、一時帰国ではないかと思われます。
その時、出かける場所によっては電波が繋がりにくい場合もあり得ます。
使用するWiFiのキャリアによって回線が異なるため実際に起こります。

そこで出かけるエリアの電波状況確認方法について紹介させて頂きます。

どのWiFiが繋がりやすいのか?

どういったものが繋がりやすいのでしょうか?
これには日本には多くの通信会社が存在することもあり基地局がどれくらいあるかなどが関係してきます。
各通信会社はいたるところに基地局を作り、そこから電波を飛ばします。
そのとばした電波をキャッチしてネットを見れるようにする機会がポケットWiFiです。

その為そのポケットWiFiが利用できる電波がいたるところになくてはなりません。
どれくらいの範囲がカバーされているかは、各通信会社の通信エリアを調べるとわかります。
※各会社のサイトを見ると載っています。

基本的にどの県であっても都市部などはしっかりカバーされている場所がほとんどです。
しかし、山間部などはカバーされていないケースもあります。
辺鄙な場所に行く場合はあらかじめ対応エリアに入っているかチェックしてから借りましょう。
国内WiFiレンタル会社の公式サイトでは、住所や県名から電波のカバーエリアか調べられる場合があります。

室内や地下でもつながりやすいWiFiは?

国内向けWiFiは基本的にどの会社のを利用しても、どの県であっても使えます。
基本的に完全に途切れたりと言う事は少ないでしょう。
しかし、建物の中や地下などでは若干つながりやすさに差が出ている様です。

一般的にはスマホと同じLTEの電波を使っている方が、地下や建物の中でもつながりやすいといわれています
しかし、以前繋がりにくいといわれていたWIMAXも地下に強いWiFiとなってきました。
単純なエリア比較では分かりにくい物があります。自分が重点的に使いたいエリアの口コミなどを比較してみましょう。

繋がりにくくなったとき

普段繋がりやすくても、時に繋がりにくくなることがあります。
そんな時はどうしたらよいのでしょうか?

そんな時はポケットWiFiを再起動してみてください。
パソコンなどでも、ちょっと調子悪くなることがあるかと思います。
そんなときの再起動と同様で解決することがあります。

また、ポケットWiFiの方ではなく使用する端末が原因の場合もあります。
タブレットやノートパソコンそのものを再起動してみてください。
端末に入れているセキュリティーソフトが邪魔が原因かもしれません。
一度セキュリティーを切り、設定し直すことでつながることがあります。

これらの方法で治らない場合は、どちらかが故障している場合があります。
一度ポケットWiFiのカスタマーサポートに相談しましょう。